『本革・PUレザーのお手入れ方法』

台湾を代表する工業・商業雑誌、手帳、事務用皮革製品のデザインで、企業のニーズや広告・マーケティング活動に応じて、シンプルなギフトからVIPデザインのギフトボックスまで、ご予算に合わせたオーダーメイドのギフトをご提供いたします。

『本革・PUレザーのお手入れ方法』

2013/08/15 邦迪

レザーとPUレザーのお手入れ方法

本革ケア

* レザー メンテナンス オイルを定期的に使用して、レザーの表面を均一に拭き取ってください。これにより、耐用年数を延ばしたり、レザーの柔らかさを回復したりできます。

※肌の乾燥を防ぐため、直射日光は厳禁です 革も人間の肌と同じようにメンテナンスが必要です!

*誤って水に触れた場合は、すぐに乾いた布で拭き、風通しの良い涼しい場所に置いて自然乾燥させてください.ヘアドライヤーを使用して乾かしたり、太陽の下で乾かしたりしないでください.

※カビが発生した場合は、表面のカビをやさしくブラシでこすり、乾いた布でふき取り、風通しの良い場所に置いてください。その後、レザーケアオイルで拭き取ります。

※上質な革は染色後、表面の塗装が剥がれ、長期間使用すると革の色が濃くなりますが、これは自然現象です。

※長期間ご使用にならない場合は、汚れ防止のため付属のダストジャケットを着用してください。

PUレザーのお手入れ方法

※水洗い、ドライクリーニングはしないでください。PUレザーは水洗いできません 革の表面が汚れた場合は、軽く湿らせた柔らかい布で拭いてください

*PU レザーは、コーキングやひび割れの問題を避けるため、高温に近づけないでください。

*革を化学的に変化させる揮発性ワイプは使用しないでください。

※湿気を避け、PUレザーの劣化を早めるため、採取の際は必ず乾いた状態で濡らさないようにしてください。

※PUレザーは、天然繊維や化学繊維と同様に一定の使用年数はありますが、丁寧にお手入れをしていただくことで長くお使いいただけます。

邦迪ニュース